画面割れは早めにiPhone修理業者へ修理の依頼を!

画面が割れたままiPhone修理業者に依頼せず放置する危険性

iPhoneを修理に出す際に必要な物

  • iPhone本体
  • 購入証明書
  • 本人確認書類

画面割れの予防として使える対策

no.1

保護フィルムを貼る

画面が割れてしまう原因で一番多いのが落下による衝撃です。この衝撃から守るのに一番効果的なのが保護フィルムを画面に貼ることです。保護フィルムを選ぶ際はガラス製のものを選ぶようにしましょう。ガラス製のフィルムであればiPhoneを落としたとしてもキズがつきにくいです。

no.2

専用ケースを装着する

1位に次いで効果的な対策が、落下による衝撃から守ってくれるケースを装着することです。もし落としてしまった場合、ケースを装着していない状態ですと画面が割れるリスク以外にカメラ部分も故障する恐れがあります。これらを保護するためにも専用ケースの装着は必須です。

no.3

バンカーリングを装着する

iPhoneを操作している最中に落としてしまうケースも珍しくありません。iPhone本体の裏側にバンカーリングを装着して指にはめると落下を防止することができます。

画面割れは早めにiPhone修理業者へ修理の依頼を!

修理

怪我をする

iPhoneの画面はガラスですので、ガラス割れを放置したまま使用すると指を切る恐れがあります。応急措置として保護フィルムを貼るとケガの恐れはなくなるでしょう。また折をみてiPhone修理業者へ依頼するようにしてください。

服に引っかかりやすくなる

ポケットからiPhoneを取り出す場合、割れた部分が服に引っかかってしまい、服が破けてしまう可能性があります。保護フィルムを貼る他、手帳型のケースを装着すれば服に引っかからなくなると思います。

ひとりでにアプリが起動してしまう

画面が割れてしまうと液晶部分にも問題が発生している可能性が高いです。触れていないのにアプリが起動したり、タッチしたアプリとは別のアプリが起動してしまったりするケースがあります。使用するうえでとても不便ですので、早めにiPhone修理業者へ依頼したほうがよいでしょう。

故障が悪化する

画面が割れた部分からホコリやゴミが混入してしまい、症状が悪くなるケースも珍しくはありません。電源が入らなくなる前にデータをバックアップしておき、iPhone修理業者へ依頼するのが無難です。

広告募集中